高反発マットレス 腰痛 比較

高反発マットレス 腰痛 比較

高反発マットレス 腰痛 比較

 

 

デスクワークなど、長時間座っていると特に左側の腰部分に鈍痛がある。

 

クッションを背中側に当てたり、背筋を伸ばして座ったり、たまにストレッチなどもしているが、あまり改善できず座っているのがしんどくなることがある。

 

ノートパソコンを使っているときは知らず知らずのうちに腰が丸まり、首が前に出る姿勢になってしまっていることが多く腰に負担がかかっている。

 

姿勢に気をつけて意識を向けるようにし正しい姿勢に保ったり、厚い本を重ねた上にノートパソコンを置くように高さを調整したりするが、限界がある。

 

症状がひどくなると、座っていても立っていても寝ていても、何をしていても痛みを感じることがある。

 

安静にしていれば数日後に痛みは引くので、今のところは医者通いはしていないが、この先ひどいようなら通院も視野に入れて考え始めている。

 

パソコンを使う仕事では同様の悩みを持つ友人、同僚も多いので、現代病の一種とも言えると思う。

 

長時間の残業をしないように心がけている。

筋肉トレーニングと姿勢の矯正

 

 

腰を伸ばすストレッチ運動やヨガなどの体を動かすことを行い、筋肉をほぐしたり、筋肉をつけたりする。ただし、中には腰に負担がかかってしまうものがあるので、有識者に指導を受けながら行う。

 

また、同じ姿勢でいることが腰への悪影響になりやすいので、デスクワークをする場合もある一定の間隔で席を立つなどして少しでも体を動かすように気をつける。

 

足を組むと体が傾き、腰にも負担がかかるので、癖で無意識に組まないように心がけをする。

 

筋肉をつけるため、腹筋、背筋の筋肉トレーニングを行い、お風呂に入るときには、面倒でもお湯に浸かって使った筋肉をほぐすためにマッサージを行う。

 

寝る前にも軽いストレッチをする。

 

サロンパスや湿布などもうまく併用し、重すぎる荷物は持たないようにしたり、低い位置の荷物は立ったままではなく、しゃがんで持ち上げてから立ち上がるようにするなど、細かい点にも気をつけて生活する。

 

あまりにも改善が見られなかったり、悪化するようなら医者にかかる。